車載カメラシステムの市場展望
~日本の先端技術が世界を席巻する~
欧米カーメーカー、欧米システムサプライヤーを中心とした車載カメラ標準搭載への動きを追う。
米国において2014年9月までに、すべての新車に対するリアビューカメラの搭載を義務付ける新たな安全規制が公表された。
欧州でも、OEMおよび大手サプライヤーは、ADAS市場の拡大に加えて、自動運転技術の実現のため、
車載カメラを市場投入を加速しており、今後車載カメラの需要拡大は続くことが予想される。 
CCD/CMOSなど撮像センサーを核としたカメラシステムの開発に関わるサプライヤーへ、製品企画に関する様々な示唆を与える。

当レポートへのお問い合わせはこちら