新着情報

2018/12/29

溝深まる日産とルノー、かじ取り役不在で3社連合の前途多難

自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、日産が単独で生きていくのは厳しいとしつつ、連合の運営や資本関係の見直しなどで「相当もめるのでは」とみている。また、フランス政府の思惑から日産が離れていく場合、フランス政府が「何かしら手を打ってくるのでは」と予測する。

LINK

2018/11/23 13:46 REUTERSより抜粋
戻る